スマートフォン解析

お金持ちの性格的特徴とは。仕事の努力は劣等感が原動力?

Sponsored Link


お金持ちというのは得てして
様々な考察がなされます。

それだけ憧れであったり
嫉妬であったり様々な感情を抱き、
強く意識してしまうからなのですが、
ここではお金持ちの性格と
その特徴に関して取り上げてみたいと思います。

 

お金持ちの性格の一般的イメージは正しい

お金持ちには性格的な特徴があります。

一般的な印象だと

負けず嫌い

高飛車

偉そう

見下す

等が挙げられますね。

実は、全て事実なのです(笑)

もちろん全員が
そうではないのですが、
傾向としては明らかにあります。

実際、もともと控えめだったのが
成功した途端に偉そうになる人は多いです。

それにはいくつかの理由がありますが、
ここでは、その心理の根本を
探っていきたいと思います。

 

威張りたい

一つは、もともと威張りたい人がいます。

威張りたいんだけど立場上威張れない人は、
普段からその気持ちを抑えて我慢しています。

我慢して下手に出たり、
謙虚に振る舞ったりしているのです。

そういう人はお金持ちになったり
成功を収めることによって
急に威張るようになります。

我慢する必要がなくなることで
本性がむき出しになるのです。

まあこれは当然の理屈ですよね。

 

お金持ちの家の子ども

お金持ちの子どもがどこか鼻に付くのも、
やはり本性がむき出しで
金持ち以外を見下しているからなのです。

 

Sponsored Link

 

劣等感を原動力とする成功

お金持ちというのは
その定義にもよりますが、
一人で何億円を動かせるレベルだと
やはり相当な実力が必要になります。

ですから、お金持ちの多くは
相当な努力をして自分を磨き、
お金持ちになっています。

努力によって
仕事の質を高めるのと同時に、
仕事の量を増やすのです。

人間というのは、
努力をするためには
意志が必要になります。

その意志の原動力には
人を助けたいという気持ちであったり、
自分の欲望であったり色々ありますが
その中でももっとも大きな
原動力の一つに挙げられるのが
劣等感を代表とするネガティブな感情です。

ネガティブな感情の原動力を
フルに活用すれば、凄まじい努力ができます。

それは要するに、
他者を踏み台にしてでも
上り詰めるということです。

となると、その時点で
性格が良いはずがないのです。

 

ちなみに、もともと威張りたい人は
劣等感が強いです。

ですから威張り散らしたいと
心の底から思っている人ほど、
威張れない立場にあると普段から
その気持ちを抑え込んでいます。

ですから威張れるようになりたい!
と途轍もないエネルギーを燃やして努力します。

そして成功を収め、威張り散らすのです。

お金持ちと金目当ての結婚は不幸!生活が質素な人が幸せな理由

 

ネガティブ以外の大きな原動力

もちろん、愛も非常に大きな原動力になります。

誰かを守りたい

誰かのために

という想いは、人に莫大な
エネルギーを与えますから。

ですから、運よりも努力によって
お金持ちになる人というのは
劣等感か愛かどちらかのエネルギーを
主な原動力としているのです。

また、欲望というのもかなり大きな
エネルギー源ではありますが、
劣等感や愛に比べると劣るので、
欲望が主の原動力だとびっくりするような
努力をするのは難しいのです。

 

ネガティブ原動力のリスク

ただ逆に考えれば、ネガティブな感情も
エネルギー源として活用できるわけですから、
必ずしもそれが悪いとは言い切れないのです。

ただし、ネガティブな感情のエネルギーは
非常に大きなリスクを伴います。

ネガティブな感情は強ければ強いほど
エネルギーが大きくなる反面、
それだけネガティブなパワーも
強力になるので飲み込まれ易くなるのです。

ネガティブな感情に飲み込まれると
性格が本当に終わっていきます。

当然ながら、純粋な幸せを
感じることもできなくなっていきます。

結局、お金持ちになっても
孤独で不幸な人生になってしまうのです。

         Sponsored Link






コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ