スマートフォン解析

ヒモの意味・語源とは。ヒモ男の特徴としてイケメンが条件?

Sponsored Link


この世の中には、ヒモ男という存在がいます。

このヒモ男とは一体どういう存在なのか。

その意味や語源、特徴等について取り上げてみましょう。

 

ヒモ男の意味・語源とは

ヒモ男とは、付き合っている彼女に
一方的に養ってもらいながら生活をする男性のことです。

非常に情けない存在ですね。

紐の玉3つのイラスト

語源に関しては諸説ありますが
有力なのは、海女さんと男の関係です。

海女さんが腰に紐を結んで海に飛び込むのですが
その紐の反対側を船の上の男性が持っています。

もちろん船の上の男性も
何もしていないことはないのですが、
実際の主役は海女さんであり、女性です。

この語源であれば、
かなりしっくり来るところはありますね。

その一方でイメージと完全に相反する語源があります。

「引き結ぶ」「結緒」「秘め緒」等。

これらは要するに、運命の糸のような絆で結ばれていることを意味しています。

まあ確かにかなり不思議な関係ではあるので、
ある意味で運命の糸的な絆と
考えられなくもないかも知れませんが。

 

Sponsored Link

 

ヒモ男の特徴

女性は世に蔓延るヒモ男たちに対して
ヒモとしての共存を許すのか。

その理由としては

  1. 強みを持っている
  2. 相手が何らかのメリットを感じている
  3. 相手の弱みを握ってる

大きく3ケースが考えられるでしょう。

まず最初に踏まえておくべきこととして、
それぞれの要素は複雑に絡んできますから、
このうちの一つが理由となるわけではありません。

ただ一つが突き抜けていれば、
それだけで決定打になる可能性はあります。

 

ヒモ男の特徴ケーススタディー

ケース1、そしてケース2に関しては、
やはり男としての何かしらの魅力になります。

たとえば

  • 自慢できるルックス
  • 癒し力
  • 頭の良さ
  • 将来性
  • 男らしさ(気や力の強さ)

等。

この辺りは、純粋にその人の持つ
客観的な魅力になってきます。

特にルックスはかなり重要であり、
イケメンは圧倒的にヒモになれる才能を秘めていると言えます。

しかしケース2~3で考えたとき、
必ずしも客観的な魅力である必要がないこともあります。

たとえば相手が虫を超苦手な場合、
虫をやっつけることができるだけで強みになります。

これは人によっては
ほとんどメリットにならない可能性がありますよね。

また、相手の女性の立場を考えたときに
もしその女性があまりモテなかったり、
あるいは彼氏が欲しくてしょうがない
状態であったとしたらそれは弱みになります。

その場合は、たとえモテない男性でも
相手にとってメリットとなり得るかも知れません。

ですからこれらのケースであれば、客観的には
大して魅力も取り柄もない男性であっても
ヒモになれる可能性があります。

ですから、「自分はヒモになれない」
と諦める必要はないのです。

ただもちろんハードルは決して高くありませんが。

 

ヒモのくせに態度がでかい場合

ヒモは基本的に立場が下です。

しかしながら、ヒモでありながらにして
立場が対等、もしくは上である場合もあり得ます。

それは、ヒモ男の魅力が相手女性にとって特に高い場合です。

つまり、たとえでかい態度を取られても
それを上回るメリットが他にある、と考えてるから
ヒモ男を養い続けるのです。

まあこれは何もヒモ男と相手女性との関係に限らず、
恋愛全般に言えることなんですけどね。

 

モテ力=ヒモとしての資質?

ヒモ男となるためには、相手女性に
メリットを感じさせるために数々の条件を
クリアしなければならないということです。

そしてそのメリットは大きければ大きいほど良い。

となると結局

男としてのモテ力=ヒモとしての資質

と考えて差支えはないのでしょうか。

しかし、ヒモでモテる条件の特徴として
人としての魅力とは関係ない

という事実が挙げられます。

単純な話で、顔が抜群に
イケメンであればモテるでしょうが、
中身も伴っているとは限りません。

というか、中身があると言える人は
かなり少ないと思います。

基本的にヒモというのは依存性の存在です。

ですから、その時点で将来性は感じられないのです。
(もちろんゼロとは言いませんが)

そんな男が実際に真の意味において
モテる可能性は決して高くないのではないでしょうか。

ですから、あくまでヒモとしての資質は
浅いモテ力であると言えると思います。

         Sponsored Link








コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ