スマートフォン解析

感性を磨く事の意味。感性豊かな人になる方法とは

Sponsored Link


感性がある人。

そのように言われても、
イマイチピンと来ないのではないでしょうか。

この感性とは、一体どのような意味があるのか。

そして感性を磨き、感性豊かになることで
私たちの生活にどのようなメリットがあるのか。

 

感性とは

「感性」は非常に広い概念の含まれた言葉なので
一言で上手く言い表すのは難しいです。

最も大きく分けると、
まず心と体に分けられますね。

そしてそれぞれを分けると、
以下のようになります。

 

心の感性として

  • 人の気持ちを感じる力
  • 流行を感じ取る力
  • 芸術性
  • 場の空気を読む力
  • ファッションセンス
  • 発想力・インスピレーション

体の感性として

  • 運動
  • 知能
  • 触れられることに対しての敏感さ

 

これらは一例ではありますが。

また、これらが両方重なる場合もあるでしょう。

つまり、体の感性として歌の能力が高く、
心の感性としてその歌で
相手の心を共感させることができる。

いずれにしても、感性の豊かさというのは、
言い換えれば人間としての総合的な能力の高さ
であると解釈しても良いのではないかと思います。

※レオナルドダヴィンチは異次元の感性の持ち主でした。

感性豊かな天才レオナルドダヴィンチ

 

Sponsored Link

 

英語表現

感性を英語で表現すると、
sense(センス)
もしくは
sensitivity(センシティビティ)
あるいは
emotion(エモーション)
等。

五感的な感性を表すのは
senseやsensitivity
であり、
感情的な感性を表すのは
emotionと言えますね。

これは感情ですから、
心の感性とも少しニュアンスが違う感じです。

またsenseとsensitivityでは、
senseの方が広い意味での感覚を表し、
sensitivityの方は感度とか、
感受性などの概念が強い言葉です。

ここで私が取り上げている感性の意味でしたら、
senseを使用する方が適切であるでしょう。

 

感性を磨くことの意味

一般的には感性豊かと言えば
芸術的なセンスのことを指すのではないかと思います。

しかしここでは、感性をもっと広く、
そして深い概念の言葉として考えています。

 

当然ですが、
一つの感性が優れているからといって
他の感性が優れているということにはならず、
何かの感性だけが突出しているケースも普通にあります。

例えば、運動神経は滅茶苦茶良いけど
あまり人の気持ちは理解できないタイプだとか、
頭が超良くても、同じようなタイプの人がいますよね。

このように、体の感性は良くても
心の感性は鈍く、空気を読めない人はたくさんいるのです。

当然、逆(心は感性豊かで体が鈍い)も然りです。

また、当然運動は得意でも歌が得意でなかったり
勉強が得意でなかったりする人もいます。

ですから感性の豊かさというのは、
非常に幅広く考える必要があるのです。

 

ただし、ここで非常に重要なポイントがあります。

実は、感性には、根本的な感性、
つまりTHE・感性と呼ぶべき何かが存在するのです。

そのTHE・感性の部分が磨かれることで、
心と体それぞれの感性の部分を
より伸ばしていくことができます。

つまり、現時点の才能ではなく、
あらゆる成長力そのものに
大きな影響を与えるということです。

 

感性豊かな人になる方法

感性豊かな人間になる、
つまり根本的な感性を伸ばすために
非常に重要な方法があります。

それは精神的な余裕を持つことです。

いつもどこか追い込まれている人というのは、
たとえ一生懸命頑張っていたとしても
意外と伸びなかったりするのです。

その現実に対してまた
「こんなに頑張ってるのに・・・」
とネガティブな悪い感情を抱くことで、
さらに精神的な余裕がなくなるのです。

劣等感のようなネガティブな感情は
成長を加速させるという人がいますが、
それは短期的な話であり、長期的、
つまり本質的な成長という意味では
ポジティブな感情で努力した方が圧倒的に成長します。

つまり、今ここで言うところの根本的な感性は、
ポジティブな感情による努力でなければ培われない部分なのです。

         Sponsored Link








コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ